和歌山県「中谷内科循環器科」の場所はどこ?コロナ感染者の感染源や法則について調査!

和歌山県でまたしてもコロナウイルスの感染者が発生しました。

和歌山県では23人目の感染者らしいですね。

今回の方は病院を経営している70代男性医師であり、患者から移ったのではないのか?と考察されています。

そこで今回は【和歌山県「中谷内科循環器科」の場所はどこ?コロナ感染者の感染源や法則について調査!】について迫っていきましたので是非ご覧ください!

 
スポンサーリンク
 

和歌山県「中谷内科循環器科」の場所はどこ?

今回感染してしまった方は和歌山県の「中谷内科循環器科」という病院の院長のようです。

気になる場所ですが、和歌山県和歌山市松江西1丁目1-33 です!
下に地図も貼っておきます。

医師は2020年4月2日に発熱し、検査を受けたところ4日にコロナウイルスの陽性が確認されたようです。

肺炎の症状は見られますが、現在、容体は安定しています。

医師は今月2日の午前中まで診察を行ったあとは外出せず、病院を兼ねた自宅にいたということです。

「中谷内科循環器科」は名前の通り 内科, 呼吸器科, 消化器科, 循環器科を主に見ている病院ですのでコロナウイルス感染者がコロナの検査を受けに来ることはあまり考えることはできませんが、病院の形態として個室に患者さん看護師さん、医師が密集して会話をするため、マスクをしているとはいえ感染する可能性は高まりますよね。

コロナウイルスの恐ろしいところは患者の診察をする医師が最も感染するリスクが高いため、感染者が病院の医師の数を超えてしまえば、治療も検査もできません。

そのような面で見てもコロナウイルスは本当に恐ろしい病院なのではないでしょうか?

コロナウイルスの初期症状は一体なんなのかわかれば感染を防ぐことができますよね!

コロナの初期症状は?下痢や頭痛も実は怪しい!

気になる方はこちらの記事もどうぞ!

 
スポンサーリンク
 

和歌山県「中谷内科循環器科」のコロナ感染者の感染源や法則について調査!

先ほどの記事でも書いた通り病院で働いているだけでも感染するリスクは上がってしまいます。

しかし調べていくなかで感染者にはある共通点がありました。

その多くは海外旅行や、海外で働いている方がとても多いということです。

感染者がいなかった県の最初の感染者はほとんどが海外からコロナウイルスを持ってきています。

今回感染した医師や肉親が海外に行ったかどうかはわかりませんが、可能性は全くゼロとは言えませんよね。

しかしここまで感染が拡大してしまったら正直な話ひとごみに出向くだけで感染するリスクは上がります。

人込みにでないこと!

家に引きこもること!

この二点を徹底すれば、感染者は限りなく減らすことができるのではないでしょうか?

 
スポンサーリンク
 

『和歌山県「中谷内科循環器科」の場所はどこ?コロナ感染者の感染源や法則について調査!』まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は【和歌山県「中谷内科循環器科」の場所はどこ?コロナ感染者の感染源や法則について調査!】について迫っていきました。

和歌山県のみならず、全国で感染者は増える一方ですよね。
ここまで広がってしまうと正直な話どうすれば感染を抑えることができるのか想像できないですよね。

世界各地でも感染拡大を止めることができずに政治家達も頭を悩ませていると思います。

どうにか感染が止まることを願うばかりですね。